備忘録にっき。

わすれぬうち のこしておこう びぼうろく

一年前の遭難事故

遭難騒ぎを起こして、はや一年が過ぎた。
去年のGWは病院からの~自宅療養だったのだけど、思い出される事故がある。新潟の1000m級の比較的低山で起きた、父子遭難事故だ。


自分の身の上に起きた事故と重なり、個人的にかなり心配していた。はやく発見されないかと毎日ニュースを探したり、ネット検索をしていた。父子は、不幸にも帰らぬ人となってしまったのだが。

 

長い冬が過ぎ、待ちわびた山シーズン到来に心は踊る。しかし春先の山を侮ってはいけない。1000m級の山には残雪があるのだ。
雪があったとしても、普通の登山靴なら比較的簡単に登れる。しかし問題は下りだ。踏み外して転倒すると、ウエアがまるでソリのようになり、一気に滑り落ちる。こうなるとコントロール不能となり、自分で自分を止めることができない。
私も20mほど滑り落ちた。


自分がまさか、どうしよう、そしてパニックになる。体勢を立て直そうとして、また滑り落ちる。何度も繰り返すと、戻る気力がなくなっていき、下に降りたら何とかなるんじゃないか?と変なスイッチが入る。そう、正に過信というやつだ。

 

去年は運悪く豪雪の年だったな。今年はそれほど雪はないかもしれない。しかし、天気予報ではこの週末、山で雪が降るという。山に向かう人は、諦める勇気を持ってほしいと祈るばかりだ。

 

一年が過ぎて、ようやく当時の状況を書けるようになった。時間は不思議に傷を癒してくれる。いろいろあったけど、山を止めるつもりはない。慎重に、事故のないように、続けたいと思う。
さあ、今年は病気と闘う試練が待っている。それを乗り越えて、また楽しく山に向かいたいものだ。

山は、きっと、待っててくれる。



f:id:AKARI2015:20190426012017j:image

会員費のよくないループ

今、お客様相談のような仕事に携わっている。そこで割と聞くのがショッピングサイトによくある「プレミアム」「プライム」等のプラチナ会費だ。これが特に年金受給者の足かせになっている気がする。

そもそも年配者は、ネットショッピングサイトの請求メール、ましてや自分専用の会員サイトなんて見に行く人は少ない。以前なにかのきっかけで会員になったサイト、これの会費が発生しているのもご存じないのだ。請求内容を知らずに引き落としがかかる状態、つまり垂れ流しで貴重な年金を吸いとられている。

なんとも胸が苦しくなる話なのだが、これはお客様ご自身で解約していただくしかなく、苦肉の策として、こう言ってしまう。
「一旦、会員を止められて、必要があればまた入会されればどうですか?」
解約すれば会費は発生しないのだから、プラチナ的な会費も請求されずに済むのだ。
しかしまぁ、解約すら出来ない(やり方が判らない)年配者もいらっしゃるので、アドバイスが合ってるかどうかは微妙なのだけど。

「使わないエアコン等の電源を抜いておく」
これは節電の知られたルールだが、これはネットの会費にも当てはまる。
「必要のないネット会費は解約しておく」

堅めの話だな…たまにはいいか。

郷に入れば郷に従う

昔のひとは上手く言ったものです。余所者が、もう完成した場所で、自我を通したりするものではないのです。「長いものには巻かれろ」も当てはまるかと思います。
いま私は、正にその状態。新しい職場で、上役のガミガミと聞こえる小言に耐えている。上役も完璧ではないから、私に指示したことも忘れて小言をいうこともある。私はお腹の中で(さっき、そうしろと言ったから従ってるのに)と呟いていたりして。これは愚痴なのかもしれないけど。

とにかく、人員の回転が早い職場なのは理解できる。並みの精神状態では付いていけなくなるからだ。私もいつまで持つやら。ふぅ。こんなに精神的にダメージを受ける職場も珍しい。その証拠に同期で入った男性がふたり姿を消した。辞めたのだろう。

少なくとも今月末までは、研修期間なのだから耐えてみせよう。そのあとは考え中。
はてさて、どうなることやら。

2019年。旅立ち

愛娘が大学進学のため、家を出る。嬉しい反面、18年も側にいた家族が離れるのは、とても寂しいもの。こうやって親離れ子離れしていくのなのだなぁ…としみじみ感じる。

いろいろあったね。家庭内のゴタゴタで嫌な思いもさせた。
それでも真っ直ぐに育ってくれて、母としては満足してる。これからも自分の信じた道を、真っ直ぐに歩いてくれるよね。

引っ越しのあとの別れ際に、見えちゃった。うっすら涙を浮かべてたね。
がんばって。離れてても、お母さんはずっと貴女の味方。

2019年。平成最後の春に寄せて。

検索結果に残像が!

以前在籍してた会社のHPに、私のプロフィールが載ってました。顔写真や実名まで載ってて、ここだけの話、とても嫌でしたね。

退職したのでページへのリンクは外れましたけど、実名で検索するとヒットして…
仕方なく、会社の担当者にページ削除をお願いしました。

しかーし!

検索すると、ネットに残像のごとく、検索画像が残っているのです!怖い!
クリックするとページは存在しないと出ますが…でも嫌です。

会社側はページを削除、これ以上どうしようもないでしょうし、悩みました。そして調べると…

Googleにリクエストが出来ることを知りました!調べて良かった!

つまり、サイトのページを削除してもGoogleにキャッシュが残ってるそうで、検索結果に出てしまうとか。いつかは消えるそうですが個人情報だし、待てませんよね。
参考までに載せておきます。ちなみにサイトの所有者とそうでない場合があります。

以下Googleから引用=====

◾サイトの所有者ではない場合

まずはコンテンツが掲載されているサイトの所有者に連絡を取り、ページから該当箇所を削除するようにお願いしてください。
ページから該当箇所が削除されましたら、次は Google のインデックスのキャッシュを取り除くため、URL 削除ツール から削除リクエストを送信します。

=====引用終わり

もしリクエストをお願いしたい場合は、Google URL 削除ツール で検索してみてください。

以上、(私が)役に立った備忘録でした。


f:id:AKARI2015:20190205220707j:image

 

写真はカモシカの足跡。

フィールドウォッチング備忘録

雪のフィールドウォッチングに行ってきました。『和かんじき』を履いて雪原を歩き、動物の足跡に触れ、自然についてのいろんなお話も聞けました。
備忘録がてら、知らなかったことをメモしておきます。


f:id:AKARI2015:20190204013107j:image

まず、和かんじき。初めて履きましたが、なかなかの履き心地。スノーシューよりさらに小回りが利いて歩きやすい!

・低めの雪山を登るのはスノーシュー
・平原を行くなら和かんじき

そんな位置付けなのかもしれません(今更)。


f:id:AKARI2015:20190204013159j:image

 

心が洗われるような雪原でした。


f:id:AKARI2015:20190204013859j:image

 

そしてこんなお話も聞けました。

山で熊に出逢ってしまい、しかも運悪く襲われる羽目になってしまった時の対処法。

うつ伏せに倒れ、首の後ろを隠す。これがベターだそうです。つまり、
『頭は帽子で保護。背中はザックで保護。足と手は最悪、無くなってもいいから、首の後ろは守れ』
そういうことらしいです。

なるほど。手足は失いたくないので、やはり出逢わないのが一番のようです。

交通事故で亡くなった動物たちの毛皮も、見せてもらいました。熊です↓。


f:id:AKARI2015:20190204013246j:image

山に住む動物たちが、不幸にも交通事故で亡くならないために、安全運転で山道を走ろうと提案されました。その通りですね。

 

あと、歩いてきた辺りは、杉林を伐採したという話も。伐採すると、野原には野イチゴができる。それを食べに熊、猿、野うさぎ等がやってきます。熊が来るのか…とちょっと戦々恐々としました。


自然と動物と人間。うまく共存していけたなら、どんなに良いでしょうね。

いろいろ考えさせられた一日でした。


f:id:AKARI2015:20190204013944j:image

おまけ。せっせと休憩用、雪のテーブル作り。

今年に、ありがとう

「あなたは話しやすいから」

こんなことを何度か言ってもらえた。
仕事柄もそうだけど、友人にも二度言われたから真実なんだろう。本当に嬉しかった。
頑張ってきた甲斐があったとさえ思った。

いつも一生懸命にしか生きられない。
手を抜くのが嫌い。
ある意味、不器用な生き方よね。

でも何故か、こんな生き方の人が周りに沢山いる。だから理解もしてもらえる。
私は幸せ者。
今年はこんなことを感じた一年だった。

いろんな転機があった年だったけど、これも意味があるんだろう。来年はもっといい年になる。確信してる。

今年もあと数時間

悔いの残らないように、今年を生きよう。