備忘録にっき。

わすれぬうち のこしておこう びぼうろく

たまには落語

昨日NHKを観ていたら【死神】だの【茄子娘】だの面白そうな内容の落語をドラマでやる番組があるという。
『超入門!落語THE MOVIE』のお盆スペシャル?歌舞伎は一度観に行く機会があったけど、落語にはほぼ縁がない。

FMラジオでたまに室井滋さんの民話を耳にするけど、昔の話は素朴で、そしてトンでもないラストが待ってたりする。もちろん創作なんだけど面白い。
そもそも神話とか民話とか、想像上の話だと思ってる。歴史の傍観者なんて実在するわけないもの。日本で英雄と讃えられてる人物も、現代でいうヒトラーみたいな人かもしれない。
価値観ひとつで見方も変わるというものだ。

さて。落語ドラマです。
【茄子娘】は人間臭くて、個人的には好きです。ある夜、荒れ寺の御坊さまが大切に育てた茄子の精が現れます。若くて美しい娘。関係をもってしまいます。煩悩を断ち切るため、御坊さまは修行に出ます。五年後寺に戻ると寺は荒れ果てていますが、ひとりの女の子が・・・

ラストはなるほど落語らしくて。思わず苦笑いしてしまいました。

 

f:id:AKARI2015:20170815180544j:image

 

【死神】よく考えられてるなぁ、と思ったら海外の物語を書き換えたものだとか。
自殺を考えた男が出会った死神。死神は男を不憫に思い不思議な力を授けます。寝込む病人の側に座る死神が見える力です。
足元に座る死神は呪文を唱え、二回ポンポンと手を打つと搔き消えてしまいます。枕元に座る死神は、既に病人の寿命が尽きているので、けして触らないようにと注意されます。さて、男は医者になります・・・

ラストは題名の通り怖いなあ、と思いました。

古典落語になるのかな。なかなか興味深い。初心者に分かり易くドラマ化するなんてNHKもなかなかです。幼児向けの教育番組も面白いですからね。

民話とかを現代版に書き換えるのは好きだなぁ。また書いてみるかな。

一期一会

生きてると、これは真実か?などと感じる場面に出くわすことがある。

 

f:id:AKARI2015:20170812164947j:image

 

会社帰りの暑い暑い夕刻のこと、不思議な場面に出会う。何をしてるのかとよく見れば、草刈り機を扱う男性の姿がそこにあった。

 

美しい・・・絵画のようだった

 

ふと思う。自分ひとりで生きてる、と思うのはとんだ思い上がりで。やっぱり“生かされているのかな”

 

何気ない毎日の中、美しい場面に出会ったり。貴いなと思える出会いがあったり。

 

それは「神様からのご褒美」なのかもしれない。


出会いも別れも
あらかじめ決められた運命なのかもね。


「一期一会」

こんな言葉がよく浮かぶようになった

 

精いっぱい大切につきあい


いつか

大切に

お別れ

したいね。

 

大好きなひとたち。

 

歳かな。笑

 

2017年盛夏

更年期の体調〜その3

昨日フラのレッスンで一緒だった歳上女子が、ホットフラッシュの話をしてました。
ホットフラッシュとは更年期の典型的な症状のことです。

真冬に銭湯に行った帰り道。車に乗っていると首から上がカーッと熱くなり、窓を全開にして走ってたという話です。横から雪が吹きこんだものだから、車を運転してたお嬢さんは風邪を引いたって。
更年期あるある話ですね。

調べると、血の巡りが悪くなってホットフラッシュが起きるようですね。足元は冷えるのに、頭部だけカッカするとか。循環してないのね。

あと、眠れない。
これは満場一致?笑
皆さん不眠に悩まれるようです。私だけじゃなくて良かった・・・

こういう話って、身近に話が聞けると安心しますね。そういう意味ではカウンセリング受けに行くのもイイのかもね。

富山のピラミッド

あれから尖山のことばかり考えてる

超常現象だとか磁場だとか、そんなフレーズがNET上を行ったり来たりしてるし。
そういえば帰りの夏椿峠には不思議な樹木がたくさんあった。

 

f:id:AKARI2015:20170804231133j:image

 

f:id:AKARI2015:20170804231146j:image

 

これらはブナの木

 

なにかの動画で観たけど、一部の葉っぱだけが揺れてたり、不思議な場所ではある。

 

今度登るときは、夏椿峠から是非。

 

f:id:AKARI2015:20170804231856j:image

 

UFOも来そうな頂上。

尖山トレッキング&夏椿峠

急に思いついて尖山へ行くことにした。富山のピラミッドと呼ばれ、一説によると不思議な現象が起こるらしい尖山。ちなみに初めて登る。

まずは麓のあるぺん村で食料と水を。段々と雲行きが怪しくなってきたので、念のため雨具も手に入れる。家から持ってくれば良かった・・・

NET情報によると登山口近くまで車で行けるとあったけど、あいにく工事中で通行止め。横江駅前の駐車場に停め、歩くことにする。しばらく砂利道を行くと何処から入ってきたのか、二台ほど車が停車していた。ようやく登山口到着。丁寧に説明された看板がある。

f:id:AKARI2015:20170802201606j:image 

いざ登りはじめると、ぬかるんでズルズルの山肌。側に小川が流れてるし、岩も多くて雨だと危険かも知れないなぁ。道はよく整備され広め。前に登った城ケ平山の方が道幅せまいしキツイような気がする。

ざあざあと小川に小さな滝も流れ、気持ちが良いです。

やがて、こじんまりとした山頂に到着。年輩の男性四人が休んでました。ベンチに座りしばらくすると、後からご夫婦も登頂。

 

f:id:AKARI2015:20170802201636j:image

山はすこし曇ってて視界はまあまあかな。下界は晴れてるので見晴らし良好。

食事を済ませてから聞いてみました。
「折角だから夏椿峠から降りてみたいと思いますが、コースは厳しいですか?」夏椿峠は尖山のもうひとつのルートです。
ご夫婦が登ったことがあるらしく、「急だから降りるのは大変かも。登る方がまだラクだから、いつか登ってみるといいよ」とのこと。なるほど〜ではそうしますか。

年輩の男性陣が下山すると、入れ違いに男性が登ってきました。
ご夫婦と夏椿峠の話をしていると、登ってきた男性が「一緒にいってあげるよ」と親切に言ってくださり、アレヨアレヨと同行下山することに。こんな事もあるんですね〜

さて。ストックをリュックに結んでイザ降りると、ほぼ崖です(・・;)。鎖やら縄やら繋がりながら、一歩一歩山肌にへばりつき丁寧に降りていきます。シツコイけど、ほんと崖ですわ。
どれだけ下ったことでしょう。「急斜面はあとすこしで終わり」とコールされ少し安堵しますが、やはり滑り降りる感じ。気は抜けません。

しばらくすると普通?の下りになったけど、アップダウンがあるのでなかなかどうしてキツイ。木の枝を掴みながら慎重に下りて行きます。

途中「これが夏椿峠の由来の、夏椿の木」と説明された木はまるで白樺の木肌のような、ツルリとした木だった。白くはないけど。

実は夏椿=シャラノキ、ウチの庭に植えてある木でした。なんと偶然。可愛い花が咲きますよね。咲くのは六月くらいかな。

 

f:id:AKARI2015:20170802201704j:image

 

同行くださった男性はなかなかの脚力で、つられて私もハイペース下山。根っこの辺りが腐ってて今にも折れそうな危ない大木に遭遇したり、ブナの大木を時々気にかけたりしながら降ります。慣れてる方に同行してもらって本当にラッキーでした。一人だと分かりにくくて確実に遭難しますね。怖

名前も伺わなかったですけど、同行いただいた方に感謝。どうやら私と同業の方のようでした。

 

f:id:AKARI2015:20170802201734j:image

 

ようやく麓まで下りてくると、山頂で会ったご夫婦と合流。本コースから降りて来られました。帰ろうと車に乗り込むと、ようやく年輩の男性陣が下山。

「なんで僕らより早いの?」と、とても驚かれたので夏椿峠から下りたことを説明しました。

 

今日も夢中になれて楽しかった。山登り最高♫

やるからには。

さいきん体調は良いみたいだ。
漢方が合ってるのかな。
しかし時々動悸がするような気もする。

今日はうれしい知らせがあった。
下の娘が吹奏楽のコンクールで、県代表に選ばれたのだ。

ひとつ印象的だったことがある。
演奏後に娘も友達も「たのしかった」と言っていた。
普通は大きなコンクールで緊張したとか言うのだろうに。音を楽しめるなんて、素晴らしい限りだ。それが音にも現れたのだろう。一位通過という快挙を成し遂げたのだから、凄いことだ。

やるからには楽しまなくちゃ!
わたしも心に刻んでおこう。

今年も暑い夏になりそうね。

再度、城ケ平山トレッキング

一昨日のこと。暑いし、なんとなく体調良くなかったのだけれど、久しく登ってなかった城ケ平山へ。もちろん城ケ平山ソロは初めて。

登り始めて直ぐに汗だらだら。山は木陰があるからと油断しすぎたかな。足元は少しだけぬかるんでる箇所もある。気をつけないと。
ハチも多いしね。

以前登ったときは大勢だったし、休憩もちょくちょくあって楽勝だった。
ところがどうして、一人で登るとなかなかシンドい!ようやく休憩用のベンチを見つける。

「なぜ山に登る?」
「そこに山があるから」

有名な言葉だけど、本当にそんな気持ちになる。一人でも十分に楽しめるから不思議ね。こんなにトレッキングにハマるとは自分でも思ってなかったし。

山頂について食事をすませ、誰もいないことをいい事に一度やってみたかった、アレをやった。

「ヤッホー」

 

f:id:AKARI2015:20170721225656j:image

 

一度叫んだら、チョー恥ずかしくなり、下山する事にした。笑

途中トレイルランの練習してる男性とすれ違う。汗ダクだった。

日石寺を見てまわり、帰りに温泉にも寄った。
有意義な休日だったな。

 

f:id:AKARI2015:20170721225728j:image

 

さいきん加味帰脾湯を飲みはじめて、なんとなくいい感じ。クコの実も試してる。水に浸して柔らかく戻すと好きかも。
あとは不眠かなぁ。