備忘録にっき。

わすれぬうち のこしておこう びぼうろく

一年前の遭難事故

遭難騒ぎを起こして、はや一年が過ぎた。去年のGWは病院からの~自宅療養だったのだけど、思い出される事故がある。新潟の1000m級の比較的低山で起きた、父子遭難事故だ。 自分の身の上に起きた事故と重なり、個人的にかなり心配していた。はやく発見されな…

会員費のよくないループ

今、お客様相談のような仕事に携わっている。そこで割と聞くのがショッピングサイトによくある「プレミアム」「プライム」等のプラチナ会費だ。これが特に年金受給者の足かせになっている気がする。 そもそも年配者は、ネットショッピングサイトの請求メール…

郷に入れば郷に従う

昔のひとは上手く言ったものです。余所者が、もう完成した場所で、自我を通したりするものではないのです。「長いものには巻かれろ」も当てはまるかと思います。いま私は、正にその状態。新しい職場で、上役のガミガミと聞こえる小言に耐えている。上役も完…

2019年。旅立ち

愛娘が大学進学のため、家を出る。嬉しい反面、18年も側にいた家族が離れるのは、とても寂しいもの。こうやって親離れ子離れしていくのなのだなぁ…としみじみ感じる。 いろいろあったね。家庭内のゴタゴタで嫌な思いもさせた。それでも真っ直ぐに育ってくれ…

検索結果に残像が!

以前在籍してた会社のHPに、私のプロフィールが載ってました。顔写真や実名まで載ってて、ここだけの話、とても嫌でしたね。 退職したのでページへのリンクは外れましたけど、実名で検索するとヒットして…仕方なく、会社の担当者にページ削除をお願いしまし…

フィールドウォッチング備忘録

雪のフィールドウォッチングに行ってきました。『和かんじき』を履いて雪原を歩き、動物の足跡に触れ、自然についてのいろんなお話も聞けました。備忘録がてら、知らなかったことをメモしておきます。 まず、和かんじき。初めて履きましたが、なかなかの履き…

今年に、ありがとう

「あなたは話しやすいから」 こんなことを何度か言ってもらえた。仕事柄もそうだけど、友人にも二度言われたから真実なんだろう。本当に嬉しかった。頑張ってきた甲斐があったとさえ思った。 いつも一生懸命にしか生きられない。手を抜くのが嫌い。ある意味…

惰性と引きこもりの関係

先日、テレビで喫茶店の番組をやっていた。マスターは脱サラをして、奥さまと店を始めて早30年…とても仲良さそうで、微笑ましく拝見しました。あとで奥さまがこんなことを言ってました。「人間て、ずっと同じ事を繰り返してても、生きていけるのよ」つまり……

幸せの感じかた

不幸せな人を「幸薄い」なんて言いますけど、幸せな人は「幸厚い」んでしょうか。きっと幸せは厚くて重いんでしょうね。 職場を離れることが少しずつ周りの人に知られて若い子たちに惜しまれると、申し訳ないような、勿体無いような気持ちになります。気持ち…

思わぬ再会

ここ一週間で、再会を果たした人が二人もいる。一人は高校の同級生、もう一人は一年ぶりに会った山友さんだ。 同級生とはおそらく20年ぶりではないかな。私の結婚式以来。偶然ドラッグストアのレジに並んだら、レジの店員さんに声を掛けられた。「私、わから…

年齢高めの女子会

お客様から不具合の連絡があり、訪問。何とか問題は解決し、「お茶飲んでって」と誘っていただいた。 80代テンション高め、独り暮らしのお婆ちゃん、どことなく可愛くて品がある方。しかし人は見かけによらず…ご主人を早くに亡くされ、二人のお子さんを育て…

鼻唄ラプソディー

すこし肌寒い午後。 裏に住んでるオジさんが庭に出てるんだろう、窓を開けてるものだから、ウチまで“鼻唄”が聴こえる。きっと上機嫌なんだろうな。人の“鼻唄”は意外と滑稽なものだ。 鼻唄は意識して唄わない。気持ちがノリノリになったりすると、つい出てし…

弥陀ヶ原の紅葉

先日、弥陀ヶ原散策にいってきた。 立山駅をケーブルカーにて9:20出発。立山高原バスに乗り換え、観光ガイドの音声を聴きつつ美女平から弥陀ヶ原まで30分。晴れてることもあり乗客は途中下車にも関わらず、10人は降りた。入れ替わりに室堂までの乗客が25人ほ…

「アテ」「サシ」の話

「アテ」。関西の人には通じますが、関東の人には??だそうで。私、北陸の人間には何故か通じます。「酒のおつまみ」のことですね。 昨日とても美味しいアテに出会いました。「いわしの角煮」です。味は濃いんですがなかなか癖になります。 お酒と言えば「…

二上山に熊

今日は用事を済ませてから、二上山へ軽くトレッキングに。曇ってたけど蒸し暑い。悪王子社まできたら、さっきすれ違った女性と一緒になる。 とっても明るい歳上の方で、意気投合して私が未だ行ったことのない『城山』へご一緒することになる。山ってこういう…

二上山で神様に出逢う

約一ヶ月ぶりに二上山に登ってみた台風一過で暑かったけど、風は秋を感じさせる。日陰は案外と涼しい。まだ青い落ち葉が道にかなりあり、昨夜は相当風がひどかったと感じさせた。 悪王子社に立ち寄る。いつもながら、二上山の山頂より樹木が開けているので、…

山の中の電子音

今年の春先のこと。ひとりで山に入って道迷いになったとき、不思議な音を聴いた。 「ぽぽっ。ぽぽっ。ぽぽっ。」 まるで電子音のような・・・何かの鳴き声?その時は解らなかった。 記憶に残ってたんだろう。きょう科学博物館に行ったら、野生の鳥の展示があ…

これからの楽園

日曜の夕方、タレントさんが田舎に移住する番組を初めて観た。他にも西田敏行さんのナレーションでお馴染みの、人生の楽園ていう番組もあるよね。 いいなぁ~老後を田舎で過ごすの、憧れる。さすがに単身でそれをやる勇気はないけど(笑)。 近くに山があって…

はじめての造影CT

造影CT検査をした。詳しく言うと、CTスキャン時に、造影剤を静脈から注入しておこなう検査だ。もちろん初めての経験。造影剤を使うことによって、血管や病変の変化が解りやすくなるらしい。 事前に説明は受けていたものの、何度も同じ説明されると不安になる…

叩けば埃が出るカラダ

「一病息災」とはよく言ったもので。ケガをして検査をしてもらったら、違う箇所で異常が見つかってしまった。ショック! 直ぐにどうにかなるものでは無かったけど、今後は経過観察扱いになった。 私はどちらかというと、ストイックな方で。からだが鈍るのは…

人命救助という仕事

あまり大きな声では言えないが、山で道迷いになってしまった。 今になって思い返すと、ほんの少しの油断が、すべての歯車を狂わせた。山を舐めてはいけない、先人の言うことは本当だ そして、過信。自分が判断したことが全て正しいなんて、大きな勘違いかも…

白き花咲く美しき丘にて

呉羽丘陵の梨畑でお花見してきました。 今年はだいぶ梨の花も早いようで、散り染めでした。残念。となると、梨の出荷も早まるんでしょうかね。 こういった季節の風物詩になると、思い出すことはありませんか。 たとえば、桜の季節。梅雨の空。夏の終わりに秋…

シンプルに生きる。

いつも思うんだけど、シンプルに生きられたら良いなと、つくづく思う。 先日、習い事をひとつ休むことにした。トレッキングに夢中になりすぎて、ダブルで継続する自信がなくなったからだ。辞める勇気がないことや、仕事が忙しいのもあるけど。二つのことを同…

なみだあめ

晴れマークの天気予報なのに、雨粒が車のフロントガラスを濡らしていた夜・・・お通夜の帰り道。 「涙雨」というやつかな まだあどけない面影の遺影切なくて・・・かわいそうで・・・ 式場内には、嗚咽の大雨が降っていた 「生きるとは 辛いことが 殆んどだ…

最後の晩餐的な生き方

昨日。とあるバラエティ番組に、瀬戸内寂聴さんがでてました。何より驚いたのは、95歳にしてあの元気なお姿!そして食欲!ご本人いわく「毎食が最後の晩餐」。つまり、いつお迎えが来るか判らないから、美味しいものを遠慮なく食べる~そういうことなのだ。 …

夢と現実のはざまで

昨日今日とすこぶる体調がよくなかった。こういうときに考えるのは、人生の楽しみかた。なーんて言うと堅苦しいけど、ストイックな生き方しかできない私は、人生の楽しみかたを知らないような気がすると、そう言いたいのだ。ふぅ。そろそろギリギリまで自分…

わたしの中の残酷なもの

宙ぶらりんにしておくと、いけないこともある。わかってる。これは私の悪い癖なのかもしれないな。考えすぎて、まぁいいかと放っておいて、後でしっぺ返しを喰らうのだ。反省。優しいと言ってしまえばそうなのだけど、後で考えるとそうではないのだ。残酷な…

むかご考

昔からご馳走のことを「海の幸山の幸」と言うけれど、実際のところ「山の幸」を口にするのは珍しくなってはいないだろうか。海の幸の方は、養殖も増えているとはいえ、やはり天然物の魚が多い。これは正に「海の幸」だろう。しかし野菜や果物はどうだろう。…

五百羅漢に自分さがし

「羅漢様の頭に手のひらをのせ、温かいものを感じたら、それがあなたのご先祖ですぞと説明され、そのぬくもりに羅漢様の顔をのぞいたら。ああ、わが心複雑なり。」 かなり昔、富山で流れてたCMにこんなのが有りました。まさに呉羽山の五百羅漢にて撮影、いつ…

山は友達を連れてきた。

とあるサイトでトレッキング仲間さんを募集したところ、三人の方とお友達になった。あまり詳しくは書けないけど、三人ともそのサイトにはフラッと一見さんで。たまたま私の募集に目がとまり→直ぐにサイトの会員になり→メッセージを送ってくださった。これも…