備忘録にっき。

わすれぬうち のこしておこう びぼうろく

10歳からの手紙

偶然、動画サイトで見つけたんです。27年前取り壊された母校・・小学校の木造校舎。誰が撮ったのかなぁ、音声もなく11分ただただツアーしてるだけの動画。懐かしく感傷に浸りました。

過去は振り返らない(ことにしてる)主義だけれど、過去を大切にしてる人も世の中には居るわけで・・・。私の幼なじみに脚に障害をもってる子が居ます。彼女とは小学4年くらい?まで同級生でしかも隣に住んでたけど色々あって・・彼女一家はその頃引っ越しました。彼女の姿を見たのはそれが最後、今は年賀状の交換のみの仲です。

今年の年賀状の返事がこなくて。代わりに後日、封書で届いたんです。
「会いたいです」と書いてありました。
彼女的には数少ないであろう友人の私に、「会いたい」と精いっぱいの勇気で書いた手紙なのでしょう。だけど・・・お返事が出せずに居ます。

f:id:AKARI2015:20160229132543j:image

小学校を卒業して30年以上経ってますが、彼女は当時の面影を残したままでしょう。未だ独身で、年老いたお母さんと暮らしているみたいです。わたしは・・別人でしょうね。とても気まぐれで会いに行く気になれないんです・・何を話せばいいのかも想像つかなくて。

返事すべき?
スルーしてたら彼女を傷つけないかな?

小学校の同窓会とかあればいいのに。皆んなと一緒なら大丈夫かも。いまは担任の先生が亡くなってるから同窓会は皆無だけれども。

こうやって文章に書きながら、ひとつひとつ考えをまとめる・・この日記はそんな感じです。備忘録でした。

追伸
そして次の日、お返事をかいた私なのでした。