備忘録にっき。

わすれぬうち のこしておこう びぼうろく

海街diaryに観る三姉妹

昨夜「海街diary」を観ました

ストーリーは、姉妹3人が住む家に腹違いの妹がやってくるお話。
父の不倫の果てに家族が感じた感情など・・・しみじみと考えさせられる映画でした。

姉妹の設定が納得でした。
やはりこうなるのね・・・あはは
長女・・しっかり者
次女・・自由人
三女・・人なつこくて、おっとり

じつは私たち姉妹も?

この設定がハマるなぁ・・私も三姉妹なのです。
ちなみにわたしは真ん中で・・・映画の次女さんほどではないですが自由に生きてきたかも知れません。親のあとを継ぐとか関係ないと思ってるし、ふらりと東京行ったり、仕事も辞めてみたり・・・育った環境とか境遇って性格や生き方までそうなるものなんですかねぇ。

f:id:AKARI2015:20160522093311j:image

特にウチは両親が既に亡くなってるから、三人姉妹で良かったなぁって、本当に思います。なんと言っても心強い味方ですからね。

女性同志のお付き合いは難しい?

さいきん職場とかで女性との付き合いが嫌になってましたけど・・・本当に仲のよい友達なら、やはり同性の方が気心知れてよいのでしょうね。

うん。気さくにお話できるお茶友でも作ろうかなぁ。

だいすきな紫陽花が咲く六月。もうすこしね。誰かと観に行きたいな。