備忘録にっき。

わすれぬうち のこしておこう びぼうろく

味噌つくり@備忘録

味噌つくり体験をしてきました。
作り方の前にウンチク_φ(・_・。

発酵食品である味噌には、菌の種類が160。コレがお腹の中の善玉菌となり、お掃除作用で腸の中はピッカピカ。病気知らずの体質へと導いてくれる。

ちなみにお店で売ってる殆どの味噌は、速醸つくり。高かめの温度で熟成を促進させ、早く熟成を止めるがために、大事な菌が死んでるとか・・・今までのお味噌は何だったの?こわー。
あえて選ぶとするなら、

・酒精(アルコール)入ってない:酒精含有は発酵を止めてある。
・呼吸弁の付いているもの:いまも発酵してる証拠。

そして熟成中の味噌に存在する菌はあらゆる菌を食べてくれるため、手を洗わずに味噌を作ったって平気・・・まぢですか。笑

話聞くだけで、お店の「発酵が止まった味噌」が食べられなくなりそうです。

さて、つくりかた。
・塩 800g
・水 1100cc
・つぶしてミンチにした煮大豆 2.7キロ(1.3キロ)
・米麹 1.5キロ

f:id:AKARI2015:20170225205845j:image

大きなボウルに水と塩を入れ、まぜる。
大豆をくわえて粒をつぶしながら、まぜる。
麹をくわえてまぜる。

f:id:AKARI2015:20170225205923j:image
混ぜた味噌をビニール袋に入れ、揺すって空気を抜く。

f:id:AKARI2015:20170225205908j:image
空気を抜いたら輪ゴムでしばる。カビ予防に縛り口付近に塩をすこし盛ってもいい。
余裕のある容れ物(7分目くらい)に入れ、床下収納で8ヶ月〜寝かせる。熱い夏も絶対に触らないこと。
いま作った味噌は9〜11月まで発酵させる。

表面にカビが生えてたら取り除き、全体を搔き混ぜたら、小分けにして冷蔵庫に保存する。食べない分は再び発酵させておく。

混ぜてると、大豆のい〜い香りに癒されました。シゴトに無心になるってイイなぁ。

さー。出来上がりが楽しみです!