備忘録にっき。

わすれぬうち のこしておこう びぼうろく

一期一会

生きてると、これは真実か?などと感じる場面に出くわすことがある。

 

f:id:AKARI2015:20170812164947j:image

 

会社帰りの暑い暑い夕刻のこと、不思議な場面に出会う。何をしてるのかとよく見れば、草刈り機を扱う男性の姿がそこにあった。

 

美しい・・・絵画のようだった

 

ふと思う。自分ひとりで生きてる、と思うのはとんだ思い上がりで。やっぱり“生かされているのかな”

 

何気ない毎日の中、美しい場面に出会ったり。貴いなと思える出会いがあったり。

 

それは「神様からのご褒美」なのかもしれない。


出会いも別れも
あらかじめ決められた運命なのかもね。


「一期一会」

こんな言葉がよく浮かぶようになった

 

精いっぱい大切につきあい


いつか

大切に

お別れ

したいね。

 

大好きなひとたち。

 

歳かな。笑

 

2017年盛夏