備忘録にっき。

わすれぬうち のこしておこう びぼうろく

弥陀ヶ原の紅葉

先日、弥陀ヶ原散策にいってきた。

立山駅をケーブルカーにて9:20出発。立山高原バスに乗り換え、観光ガイドの音声を聴きつつ美女平から弥陀ヶ原まで30分。晴れてることもあり乗客は途中下車にも関わらず、10人は降りた。入れ替わりに室堂までの乗客が25人ほど乗り込む。皆さん早起きして紅葉ハシゴするんですね。すごいな。

雄山(神社)は既に閉山したらしいけど、それでも登るひとはいる。だけど多くの方のお目当ては紅葉。私の場合は、弥陀ヶ原だけを目的地とした。

まず降車して最初にするのは、帰りのバスの予約。到着が10:10だったから二時間後の12:15にする。
さて出発。徒歩で弥陀ヶ原ホテル横の遊歩道を行きます。キチンと整備された木道が並んで二本。前から誰かとすれ違う際や、追い越しにとても便利。


f:id:AKARI2015:20181006171100j:image

しばらく進んで振り向くと、ホテルの後ろの山が見事に紅葉!下界はこれからなので、とても感激…ナナカマドの緋色が青空に映えてる。


f:id:AKARI2015:20181006202501j:image

遊歩道コースをテクテク歩くと、ガキ田と呼ばれる池が点在。道端にはバッタが沢山いた。


f:id:AKARI2015:20181006202607j:image

この辺りにも雷鳥が出没するらしいけど、お天気悪いときに出るから、よく晴れてる今日は無理かな。


f:id:AKARI2015:20181006171221j:image

ひとしきり回ると一時間とすこし。ベンチに座って少しばかりの間食をし、また停留所まで向かいます。老若男女問わず、とにかく海外の方(アジア)が多い多い。弥陀ヶ原ホテルにテレビ局の中継も来てた。
少し時間が余ったので、立山カルデラ展望台に向かう小路、国民宿舎立山荘の横に行ってみる。ちょうどご夫婦が降りてこられました。


f:id:AKARI2015:20181006171252j:image

帰りのバス停は、素人カメラマンでいっぱい。弥陀ヶ原の乗客は、室堂から降りてきたバスが乗せてってくれます。
いつか弥陀ヶ原ホテル泊まりたいなぁ。なんて友人にLINEすると、来年行こう!となりました。来年は弥陀ヶ原ホテルから日記かけるかな。